シミ・あざ・肝斑治療

当院では、皮膚のメラニン色素異常に対するレーザー治療を行っております。

レーザー治療とは?

茶あざ、黒あざは皮膚の中にあるメラニンが異常に増殖していて、その部分を皮膚表面から見ると茶色や黒色に見える病気です。レーザー治療は、色による光の吸収の違いと1億分の数秒の間に数メガワットという強い光の熱作用を利用し、あざの原因であるメラニンを壊します。従来、あざは皮膚を切り取って縫い合わせたり、ドライアイスを当てたりする治療が行われていましたが、精神的にも身体的にも負担のかかる治療でした。
そして、今まで適切な治療法がなくあきらめていたあざを、レーザーで安全に治療できるようになりました。

レーザー治療のメリット

正常な皮膚組織をほとんど痛めません

(1) 治療の際に出血したり傷跡が残ったりする心配がありません。
(2) レーザー光線はX線と異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光なので安全です。
(3) レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度の痛みです。塗り薬による麻酔もありますのでご安心ください。

外来通院で治療できます

(1) 個人差がありますが、浅いシミや小さなホクロなどは1回の治療で済みます。深いシミやあざなどは、2~3ヶ月以上の間隔で平均3~5回の治療を行います。
(2) 1回の照射は一瞬なので、小さなホクロなどは1~2分程度、大きなあざは15~20分程度で終了します。

赤ちゃんから治療可能です

(1) 成長とともに患部が大きくなる前に、新陳代謝の盛んな赤ちゃんのうちに、治療を始めるとより効果が上がるとされています。生後5~6ヶ月以上でれば治療は可能です。<
(2) 妊娠中はホルモンの影響でシミが濃くなりやすいので、出産後に治療を受けることをお勧めします。

料金表

初診料(カウンセリング料) ¥3,000(税込)
再診料 ¥1,000(税込)
しみとりレーザー ¥10,000(税込)(麻酔のテープ1枚の金額)
※1回目の方はお薬代 プラス¥1,000(税込)(2回目からの、しみとりレーザーは再診料込みで¥10,000(税込)にしています。)
サージカルテープの販売 ¥500(税込)

※しみとりレーザーは麻酔テープ1枚分の面積でしみの数に限らず10,000円(税込)(2枚 20,000円(税込))
ハサミでカットして施術部位に貼付して頂きます。
※施術は顔周りに限っております。

シミ・あざ・肝斑治療のレーザートーニングについてはこちら