シミ治療のレーザートーニングとは?

レーザートーニングとはQスイッチYAGレーザー
「MedLiteC6」によるシミ・あざ・肝斑の新しい治療方法です。

シミ、くすみ、あざ、肝斑、毛穴の開きなどにレーザートーニング

従来の「ガウシアン形」レーザーと異なり、医療用レーザー MedLiteC6(QスイッチYAGレーザー)のレーザーは「トップハット型」の照射です。レーザーを弱いパワーでフラットに顔全体に照射することにより、弱すぎず・強すぎずの均一にムラのないエネルギーが、均等な効果を生み出します。従来とは異なる穏やかな照射で、レーザーによる炎症などを防ぎます。

通常メラニンは、紫外線、不規則な生活、加齢、ホルモンバランス変化により蓄積していきますが、
そのメラニンが照射により少しずつ減少していきます。

また肝斑を薄くしていき、肌質も改善して皮膚深部からコラーゲンの生成を導き、結果として美白、美肌に導きます。さらにお肌のハリやキメが改善していくと、シワが改善していくという効果も期待できるという新しい治療方法なのです。

biyou

治療の流れ

※症状が良くなるまで(1回~数回)繰り返し施術します

  • (1) 丁寧に洗顔をして頂きます。
  • (2) 弱いパワーでレーザーを顔全体に照射していきます。
  • (3) 照射後は、しっかりと保湿します。また、日焼けをしないよう注意してください。
  • ※ シミ対策にはビタミンC、トラネキサム酸、他各種ビタミン剤内服をおすすめしております。
    肝斑にはレーザー単独では悪化する恐れもありますので、まずは内服治療、スキンケアによる治療を開始させて頂きます。
    詳しくはカウンセリングでお話しさせて頂きます。
biyou

料金表

初診料(カウンセリング料) ¥3,000(税込)
再診料 ¥1,000(税込)
レーザートーニング ¥10,000(税込)
サージカルテープの販売 ¥500(税込)
  • ※施術は顔周りに限っております。

レーザートーニングに関するよくある質問Q&A

Q)腫れ、痛みはありますか?
A)個人差がありますが、多少の赤み、パチパチと弾く程度の痛みがあります。

Q)施術時間は?
A)通常15分程度で施術は終わります。

Q)レーザートーニングの治療回数は?
A)週に1回、計5~10回の治療を行うケースがほとんどです。個人差もありますが、2~3回目からシミや肝斑が薄くなっていくなどの効果を実感して頂けるようです。

Q)施術にあたって注意することはありますか?
A)術後は乾燥状態になりますので乳液などで保湿を心がけ、日中は日焼け止めを塗るなどして、日焼けをしないよう注意してください。

Q)術後にメイク、入浴は可能ですか?
A)治療直後からメイクが可能で、入浴もできますが、刺激を与えると肝斑が悪化することもあります。こすったりさわったりするのも刺激になりますので避けてください。また、当日のサウナは避けてください。