きくな湯田眼科

パソコンと眼の関係

パソコンの普及に伴い、眼に異常を訴えている人が多くいます。
ある統計によると、眼の疲労や様々な症状を感じている人が8割近くいるといわれています。その中でも9割近くの人が「疲れ」や「痛み」を実感しているそうです。

 

このようにパソコンなどのディスプレイに影響を受けた症状を「VDT症候群」(IT眼症)などと呼ばれています。
具体的な症状は以下のとおりです。

・目が疲れる
・目の痛み
・目が乾く
・目がかすむ

など、様々な症状が現れます。

 

特にディスプレイなどを長時間連続して使用している方から多く訴えがあります。
また、ドライアイや近視、角膜炎・結膜炎などを引き起こすこと原因になります。

 

昔に比べ当医院を受診される患者様の症状もこのような症状を訴える方が増えているように思います。

 

パソコンやスマホなどは連続しての使用をなるべく控え、1時間置きに休憩をとるなどして、眼(身体)を休めるよう心がけましょう。

辛い症状がずっと楽になることがあります。

 

ただし、眼(身体)に異常を感じたら無理をせずなるべく早い段階で医師の診察を受けてください。

 

パソコンやスマホは非常に便利なものですが、眼や身体に様々な影響を及ぼすものにもなりますので、使いすぎには注意してください。

文字サイズが
変更できます

画面を
白黒反転する

白黒反転