• 手術の特徴
  • 症例写真
  • 他院修正に対応
  • 顕微鏡の手術
  • 医師紹介

3科連携の眼瞼下垂センター

  • 「まぶたが重く開きづらい」
  • 「まぶたが厚ぼったい」
  • 「目が眠そうに見える」
  • 「肩がこる」

眼瞼下垂の患者様は上記のような訴えを持つことが多いです。
家族、友人やインターネットなどで自分の症状を調べ眼瞼下垂という病気であることが分かり、どうのように治療したらいいのかと悩まれるようになります
眼科や形成外科、美容外科で治療が受けられることを知りそれぞれの科で手術を受けることになります。

  • 「眼科で眼瞼下垂の治療を受けたが、見た目が変になった。」
  • 「形成外科で治療を受けたが、術後目が痛くなった。」
  • 「美容外科で治療を受けたが、高額の割にはきれいにならなかった。」

という訴えを持つ患者様が少なくありません。

「眼科で手術するのは安心だが見た目がきれいになるか不安」「形成外科で手術するのは目のことだから不安」「美容外科は高額の割にきれいにならなかったらどうしよう」

このような患者様のご要望にお応えするため、きくな湯田眼科に眼瞼下垂センターを併設致しました

きくな湯田眼科の眼瞼下垂手術はここが違う!

保険診療
眼瞼下垂は健康保険が適応できる手術です。1割負担の患者様なら約8,000円で手術が受けられます。
美容外科レベルの美しい仕上がり
当院には眼科医・形成外科医・美容外科医が在籍しております。美容外科医との連携で仕上がりは美容外科クオリティです。
繊細な手術
当院では全ての手術に顕微鏡を使用しております。また最先端のレーザーを用いることにより極力侵襲の少ない手術をしております。
顕微鏡で血管や神経を一本一本確認し、レーザーで必要最小限の操作をすることで驚異的な精密度を誇る手術が可能です。

きくな湯田眼科の眼瞼下垂手術の特徴

  • 日帰りでの手術
  • 保険診療
  • 最先端の顕微鏡の使用 血管や神経を一本一本確認。驚異的な精密度を誇る手術
  • 最先端のレーザーの使用 極力侵襲を控えた手術。組織へのダメージは最小限度
  • 眼科医・形成外科医・美容外科医の連携による美容外科クオリティの手術 目は心の窓といいますように美しく仕上げる必要があります。
  • 傷跡がきれい 形成外科的・美容外科的縫合により傷跡がほとんど分からなくなります。

眼瞼下垂センター 症例写真

眼瞼下垂センター 症例写真


  • 眼瞼下垂(6) 術前~術後1ヶ月

  • 眼瞼下垂(5) 術前術後

  • 眼瞼下垂(4) 術前術後

  • 眼瞼下垂(3) 術前術直後

  • 眼瞼下垂(2)修正 術前術後

  • 眼瞼下垂(1) 術前術直後

  • びっくり目他院修正 術前術後

  • 下まぶたたるみとり 術前術後

  • 顔の中心リフトアップ 術前術後

他院修正に対応

美容外科で失敗された以下のご要望にお応えします。

  • 二重の幅を狭めたい
  • 二重の傷を綺麗にしたい
  • 二重を広げたい

(1) 圧倒的症例数
1日に目周りの手術は平均9件行っております。
(2) マイクロサージャリー
普通の医師は裸眼、普通の目、ルーペ、拡大鏡のところ
当院は全て顕微鏡を使用しております。
驚異的な精密度をほこる手術といえます。
(3) 最先端レーザー
組織をあるがままの状態で。メスや高周波メスを超えた正確な手術が可能です。
(4) 眼科、美容外科連携
眼科教授、医長、都内有名美容外科医複数在籍。科、クリニックの枠組みを超え、力を集結し治療にあたっています。

当院は他院様より紹介された患者様を優先して治療にあたります。

飛び込み、もしくは紹介のない患者様は場合によっては手術をお受けすることができない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

マイクロサージェリーに最先端レーザーを組み合わせることでダメージが少なく、精密度の高い手術を行うことができます。
今では有名な先生も当院に顕微鏡下レーザー使用による眼瞼形成術を学びに見学にいらっしゃっておりました。
眼瞼形成術は眼科の領域ですが、形成外科・美容外科の美しく仕上げる技術・知識も必要となります。しかしながら形成外科・美容外科の先生のほとんどが肉眼もしくは拡大鏡(ルーペ)で手術に臨んでいます。

マイクロサージェリーと最先端レーザーを用いることで日本トップクラスの技術で眼瞼下垂の治療にあたります。
眼科・形成外科・美容外科の知識・技術をもって日本トップの眼瞼下垂治療をご提供致します。

医師紹介

日本で一早く顕微鏡レーザー使用による眼瞼形成術を始められた湯田兼次院長による英才教育の甲斐ありまして、手術件数は数えきれないくらいの症例数を積む事ができました。

眼瞼形成術は眼科のみならず形成外科、美容外科の専門的知識が必要となります。同じ医学でありながら、眼科医、形成外科医、美容外科医の考えは異なります。何がいいのか?何が正解なのか?を常に自問自答しながら、各界で著名な先生に師事することにより幅広い見解を得るに至っております。

その甲斐ありまして、湯田兼次院長より眼瞼形成術は免許皆伝を言い渡されるに至り、このたび眼瞼下垂治療センターセンター長として就任することになりました。私のもつ技術、知識を患者様に還元させて頂きたいと思います。

きくな湯田眼科 院長 湯田 兼次

きくな湯田眼科の基本理念は患者さんに安心して気軽に、高度の眼科医療を受けていただくことにあります。
日々進歩する医療技術と情報の提供を実践していくことで患者さんの不安をなくし、医療をより身近なものと感じていただきたいと考えています。

形成外科・美容外科の先生が眼瞼をきれいに仕上げ、そのあとの目の治療は世界最先端医療機器を有するきくな湯田眼科がフォローさせて頂くという万全の態勢です。

湯田 健太郎

  • 白内障手術、硝子体手術等担当
  • 医学博士
  • 専門:黄斑疾患

丸山 直樹

  • 眼瞼眼窩外科主任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 専門:眼瞼眼窩外科、涙道、形成外科、美容外科全般