眼瞼下垂

眼瞼下垂は日帰り手術・保険診療・美容外科クオリティ

眼科・美容外科・形成外科専門医連携。

手術は全て、顕微鏡下でのマイクロサージャリーを行っています。

マイクロサージャリーとは??

脳神経外科や眼科、耳鼻科、形成外科、再建外科での特殊技術。神経や血管を1本1本つなぎ合わせるときに使用する技術です。当院ではこの特殊技術を常時使用しております。

詳しくは「きくな湯田眼科併設 眼瞼下垂センター」まで


保険診療で行う眼瞼下垂はあくまで当院のサービスで、
美容外科品質をご提供させていただきます。
患者様の方で細かなご要望がある方は自費診療となりますので、
あらかじめご了承下さい。

眼瞼下垂 (がんけんかすい) とは?

眼瞼下垂とは瞼(まぶた)が下がって見える状態のことをいいます。
瞼が下がっていることで黒目の上半分が隠れてしまっています。
眼瞼下垂はいろいろな原因で発生しますが、
大きく分けて二つの理由が考えられます。

  1. (1) まぶたを上げる筋肉が弱い
  2. (2) まぶたの皮膚がたるみ、垂れ下がっている

I. まぶたを上げる筋肉が弱い

まぶたを上げる筋肉には二つあります。
難しい名前になりますが、上眼瞼挙筋(上眼瞼挙筋腱膜)と瞼板筋(ミューラー筋)の二つです。この二つの筋肉が弱ることによって、瞼が開きづらくなります。
見た目が眠い感じになり、しばしば眉毛(まゆげ)をつり上げるために額(ひたい、おでこ)に皺(しわ)が寄ります。

II. まぶたの皮膚がたるみ、垂れ下がっている

まぶたの皮膚がたるんでいて、垂れ下がっている状態です。この状態を偽性眼瞼下垂といいます。
偽性というのは、本当ではない、という意味です。まぶたを上げる筋肉に問題はないので、偽性といいます。

眼瞼下垂の症状

見た目が眠い感じになり、しばしば眉毛(まゆげ)をつり上げるためにひたいに皺(しわ)が寄ります。
視界(しかい)が狭くなり、特に上の方が見えにくくなるため、あごを上げて物を見るようになります。このため肩の筋肉に無理な力が入り、肩こりの原因となります。

眼瞼下垂の症状について

図1 朝方は調子が良く、夕方や疲労時に眼瞼下垂症が起こってくる場合は、重症筋無力症というご病気の可能性があります。

図2 眼瞼(がんけん:まぶたのことです)を動かす筋肉は3つあります。。眼を閉じる時に働くのは眼輪筋です。

図3 眼を開けるときに働くのは、先に述べました上眼瞼挙筋と瞼板筋の2つがあります。

図4 眼輪筋の痙攣により瞼が下がることがありますが、これは眼輪筋痙縮症というご病気で、眼瞼下垂とは言いません。

眼瞼下垂の治療について

重症筋無力症による眼瞼下垂を除いて、眼瞼下垂は一度生ずると点眼薬などで治療しても回復することはありません。手術が必要となります。
眼瞼下垂の程度により以下の5つの術式があります。

  1. (1) 上眼瞼挙筋腱膜前転術 (じょうがんけんきょきんけんまくぜんてんじゅつ)
  2. (2) 上眼瞼挙筋腱膜・ミューラー筋複合体前転術 (じょうがんけんきょきんけんまく・みゅーらーきんふくごうたいぜんてんじゅつ)
  3. (3) ミューラー筋前転術
  4. (4) 前頭筋吊り上げ術 (ぜんとうきんつりあげじゅつ)
  5. (5) 埋没式眼瞼下垂手術 (まいぼつしきがんけんかすいしゅじゅつ)

眼瞼下垂の症状について

最も多く用いられるのは、
(1) 番の、上眼瞼挙筋腱膜(上眼瞼挙筋の根元で、アキレス腱のような状態になっている部分)を前転する手術、となります。
炭酸ガスレーザーを用いると、出血が少なく、短時間で手術を行なうことが可能です。
まぶたを上げる筋肉には上眼瞼挙筋とミューラー筋とがありましたが、前者は随意神経 (ずいいしんけい:自分の意志) である動眼神経支配 (どうがんしんけい)、後者は自律神経 (じりつしんけい:自分の意志とは無関係) である交感神経支配です。
このどちらかの筋肉の力が弱くなることで眼瞼下垂症を生じます (図5)。
眼瞼下垂手術はアプローチ法も含めて、それこそ1冊の本ができるほど多数の方法があります。

ミューラー筋をいじってはいけないんですよね?という方へ。

一部の美容外科医、形成外科医の間ではミューラー筋をいじることに拒否反応を示すドクターがいるのも事実です。これは医学論文に、ミューラー筋を障害することにより眼瞼痙攣を引き起こす、という報告があるからです。
しかしながら当院に勤務する眼瞼形成外科医の先生はほぼ全例ミューラー筋を前転しておりますが眼瞼痙攣を誘発した症例は現在のところ認めておりません。当院の症例数は一日に9件ほどありますのでデータが足りていないとは思いません。またむしろ眼瞼痙攣の患者様を全国からご紹介頂き、治療に満足されている患者様が大勢いらっしゃいます。

そもそも眼瞼痙攣は眼輪筋の痙攣であり、手術中の余計な侵襲により眼輪筋の神経に異常パルスが生じやすくなる、という考えのほうが的を得ている気がします。
なぜなら当院の手術執刀医は侵襲がかなり少ない手術を行っており、眼瞼痙攣を誘発している症例はないからです。もちろん証明することはかなり困難だとは思います。
ただし、医学の仮説は何が正しいかは証明するものがありませんので、一概にその仮説を否定するものではありません。
もちろん当院でもミューラー筋は極力損傷しないようにしております。

何故ミューラー筋をいじることがあるのか?

眼瞼下垂を 1,000 症例以上こなしている先生はミューラー筋をまず間違いなくいじるはずです。
というのも仕上がりが綺麗だからです。ミューラー筋を操作しなくても綺麗にいくことは多いですが、1,000 症例を超えてくると限界に気づきます。
「スイッチを入れたかのように目が開く」
「不自然な開瞼」
「目が閉じづらい」
これは挙筋腱膜前転に頼っている術者の限界です。
この記事を読んでハッっとされる先生は少なくないのではないのでしょうか?

ミューラー筋を前転すると綺麗な開瞼が得られます。これは何故か??
ミューラー筋はゴムをイメージして頂ければいいかと思います。
かたや、挙筋腱膜は堅い紙です。堅い紙で引っ張れば不自然なスイッチオンオフ開瞼です。
ゴムは遊びがありますので自然な開瞼が得られるわけです。
ただしゴムであるがゆえにちぎれます。そのため、当院では挙筋腱膜、ミューラー筋同時の操作が多いのです。もちろん当院でもミューラー筋は極力損傷しないようにしております。

眼瞼下垂手術のアプローチ分類

どこを切るかによっての分類は

  1. A. まぶたの表の皮膚を切る経皮法 (けいひほう)
  2. B. まぶたの裏の粘膜(結膜)を切る経結膜法 (けいけつまくほう)
  3. C. どこも切らずに行う埋没法

に分かれます。

眼瞼下垂手術の術式分類

基本は上眼瞼挙筋を前転し瞼板に縫着することになりますが、縫着する筋肉は手術者により、

  1. (1) 「上眼瞼挙筋のみ」
  2. (2) 「上眼瞼挙筋とミューラー筋を同時に」
  3. (3) 「ミューラー筋のみ」

の3方法が取られます。

眼瞼下垂手術の術式分類

縫着する方法も

  1. A. 腱を切断し縫着する方法(短縮術)
  2. B. 切断しないでタッキング (プリケーション、プライケーション) により縫着する方法

とに分けられます。

当院では炭酸ガスレーザーを用い「上眼瞼挙筋とミューラー筋を同時に」タッキング法により短縮する方法で、治療・手術を行うことが多いです(図6)が患者様の症状によって全ての術式を使い分けております。また、手術中に必ず眼瞼の位置を座位で確認し修正しております。

それぞれの眼瞼下垂手術ダウンタイム

I. まぶたの表を切る経皮法

手術後2週間ほど眼瞼腫脹がみられます。

II. まぶたの裏を切る経結膜法

術直後若干腫れる程度です。術後1週間ほど目がゴロゴロすることがあります。

III. まぶたを切らない埋没法

術直後若干晴れる程度です。
術後1か月ほど
目がゴロゴロすることがあります。
まぶたの裏を切る経結膜法より腫れてしまうことがあります。(出血した場合は逃げ場がなく腫れてしまいます。)

眼瞼下垂術後の腫れを抑える方法について

  1. (1) 軽度の圧迫
  2. (2) 冷却 (濡れタオル程度、体を温めない、入浴を避けぬるめのシャワー)
  3. (3) 頭を高くする (高めのマクラを使用)
  4. (4) 抗炎症剤(炎症を抑える薬)の使用
  5. (5) 安静

眼瞼下垂術後のトラブル

(1) まぶたの左右差

左右均等に腫れることはありませんので、腫れている期間は左右差が出やすいです。術後3か月経過して左右差が残る場合は修正手術が必要になります。

(2) 目が閉じない、ドライアイ

空気に触れる目の表面積が大きくなり、目が乾きやすくなります。時間とともに大分改善されていきますが、ひどい場合には角膜障害を起こし、目の検査や点眼薬が必要となりますので眼科受診が必要です。修正手術が必要なこともあります。

その他の治療法について

上眼瞼挙筋機能が全く消失している場合は、大腿筋膜や側頭筋膜を移植する必要がある場合もあります。当院では移植手術も行っておりますのでお問合せ下さい。
眼輪筋痙縮症に対しては、ボトックスの局所注射が有効ですが、頻回に繰り返す必要があります。

以下にいくつかの症例をお示しします


  • 眼瞼下垂(6) 術前~術後1ヶ月

  • 眼瞼下垂(5) 術前術直後

  • 眼瞼下垂(4) 術前術後

  • 眼瞼下垂(3) 術前術直後

  • 眼瞼下垂(2)修正 術後術直後

  • 眼瞼下垂(1) 術前術直後

眼瞼下垂の予防ポイント

長期間コンタクトレンズを使用していると、眼瞼下垂を起こすことがよくあります。
特にハードレンズに多く見られ、この場合はソフトレンズか眼鏡に変えるようにしましょう。

眼瞼下垂症・腱膜性眼瞼下垂の症状で、眼科の名医をお探しの方やお困りの方は、神奈川県横浜市にある当病院へお気軽にご来院ください。