後部硝子体剥離

眼球を丸く形作るために胎生期に血管からゼリー状の組織が分泌され眼球内を埋め尽くします。これが硝子体ですが、硝子体は加齢とともに萎縮し、やがて網膜から離れてしまいます。これが硝子体剥離です。剥がれた硝子体はシワを作り、糸くず状やリング状の飛蚊症を生じます。これは一種の老化現象で生理的なものであり、これで生じた飛蚊症は当分続くことになるが治療はいりません。

koubugarasu