眼瞼内反

いわゆる「逆まつげ」。子供の場合は年長になると治癒することが多いので、角膜障害が強くなければ様子を見ます。まつげを切らないことが大切です。切ってしまうと太いまつげが角膜を傷害するようになります。老人性の場合は自然治癒が見込めないので手術を行った方がいいです。

naihan