レーシックと他の治療法との違い

屈折矯正の治療法には様々な治療法があります。ここでは、レーシック以外の治療法との違いを紹介いたします。

◇LASEK

ケラトームを使用しないで角膜弁を薄く作る屈折矯正手術です。強度近視の方の屈折矯正に用います。

◇Epi-LASIK

特殊なケラトームでごく薄い角膜弁を作り、エキシマレーザーで角膜を矯正するLASEKに代わる新しい方法です。

◇眼内レンズ

前房に屈折矯正用の特殊なレンズを入れ、虹彩にクリップのように挟み固定する方法。強度近視に対応可能ですが、まだ歴史が浅く将来の合併症の検証が不十分となっています。

◇オルソケラトロジー

手術によらない屈折矯正法として、睡眠中に特殊コンタクトレンズを装用し、日中の屈折異常をコンタクトレンズなしに正視化します。
近年小児に対し、近視進行を防止する効果があることが証明され、適応や治療法を誤らなければ、優れた方法と考えられます。
当院でも行っており、成果を上げています。