きくな湯田眼科

ドクター/スタッフ紹介

ドクター略歴

高野 雅彦(硝子体手術等担当)

高野 雅彦
新潟大学医学部卒業
医学博士
国際医療福祉大学眼科教授
専門:網膜硝子体

高野 昌代(月曜日、水曜日、金曜日午前担当)

高野 昌代
横浜市立大学医学部卒業
医学博士
横浜市立大学医学部非常勤講師
専門:目の炎症疾患

湯田 健太郎(白内障手術、硝子体手術等担当)

湯田 健太郎
2006年 浜松医科大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻博士課程修了
2014~2018年 横浜南共済病院 医長
2018~2019年 横浜市立大学附属病院眼科 特任講師
2019年~    ハーバード医科大学 リサーチフェロー
①著書
1. Yuda K, Kato N, Takahashi N, Shimizu T, Oyakawa I,Matsuzawa A, Yuda K, Hayashi T
Effect of graft shift direction on graft detachment and endothelial cell survival after Descemet membrane endothelial keratoplasty
Cornea in press

2. Nakamura J, Meguro A, Ishii G, Mihara T, Takeuchi M, Mizuki Y, Yuda K, Yamane T, Kawagoe T, Ota M, Mizuki N.
The association analysis between HLA-A*26 and Behçet’s disease.
Scientific Reports. Mar14;9(1):4426. 2019.

3. Hirata Y, Yuda K, Odontuya D, Hayashi T, Suzuki Y.
 *Hirata Y and Yuda K cotribute equally to this work
A viscoelastic aspiration technique for autologous transplantation of the free-flap inner limiting membrane during macular hole surgery.
Retina. Mar 15. 2019.

4.Nagashima T, Yuda K, Hayashi T.
Comparison of trypan blue and Brilliant Blue G for staining of the anterior lens capsule during cataract surgery: short-term results.
International Ophthalmology. Jan;39(1):33-39. 2019

5.Yuda K, Shimizu T, Hayashi T, Yuda K.
Sutureless Intrascleral Intraocular Lens Fixation Using a Microtube-assisted Technique
Retina. Nov 2. 2018.

6. Shimizu T, Hayashi T, Yuda K, Takahashi H, Oyakawa I, Yamazaki K, Mizuki N, Kato N.
Short Axial Length and Iris Damage Are Associated With Iris Posterior Synechiae After Descemet Membrane Endothelial Keratoplasty in Asian Eyes.
Cornea. Nov;37(11):1355-1359. 2018.

7. Hayashi T, Oyakawa I, Matsuzawa A, Yuda K, Shimizu T, Tsuchiya A, Mizuki N, Kato N.
Descemet membrane endothelial keratoplasty using ophthalmic viscoelastic devices for eyes with laser iridotomy-induced corneal endothelial decompensation: Analysis of 11 eyes.
Medicine (Baltimore). Jun;97(26):e11245. 2018.

8. Yamada N, Hayashi T, Yuda K, Shimizu T, Oyakawa I, Takahashi H, Kato N.
Outcomes of Descemet membrane endothelial keratoplasty for vitrectomized eyes withs sutured posterior chamber intraocular lens.
Journal of Ophthalmology. Apr 11;2018:3127126. 2018.

9. Matsuzawa A, Hayashi T, Oyakawa I, Yuda K, Shimizu T, Mizuki N, Yamada N, Kato N.
Use of four asymmetric marks to orient the donor graft during Descemet’s membrane endothelial keratoplasty.
BMJ Open Ophthalmology. 2017 Aug 4;1(1). 2017.

10. Hayashi T, Yamaguchi T, Yuda K, Kato N, Satake Y, Shimazaki J.
Topographic characteristics after Descemet’s membrane endothelial keratoplasty and Descemet’s stripping automated endothelial keratoplasty.
PLoS One. Nov 30;12(11):e0188832. 2017.

11. Hayashi T, Yuda K, Oyakawa I, Kato N.
Use of Brilliant Blue G in Descemet’s membrane endothelial keratoplasty.
BioMed Research International. 2017; 9720389. 2017.

12. Shimizu T, Hayashi T, Yuda K, Tsuchiya A, Oyakawa I, Mizuki N, Kato N.
Chandelier illumination for Descemet membrane endothelial keratoplasty.
Cornea. Sep;36(9):1155-1157. 2017.

13. Yuda K, Nagashima T, Shimizu T, Yuda K, Hayashi T.
Bubble-wiping technique for clearing the condensation on intraocular lenses.
Retina. Jun 14. 2017.

14. Yuda K, Ishida A, Yuda K.
COMPARISON OF THE RETINAL BLOOD FLOW VELOCITY BETWEEN LASER SPECKLE FLOWGRAPHY AND THE RETINAL FUNCTION IMAGER.
Retina. 2017 Jul;37(7):1393-1399. 2017.

15. Iesato Y, Yuda K, Chong KT, Tan X, Murata T, Shindo T, Yanagi Y.
Adrenomedullin: A potential therapeutic target for retinochoroidal disease.
Progress in Retinal Eye Res. May;52:112-29.2016.

16. Terao R, Yuda K, Kure K, Inoue T, Ohtsu H, Yanagi Y.
Effect of vitreomacular adhesion on antivascular endothelial growth factor therapy for macular edema secondary to branch retinal vein occlusion.
Japanese Journal of Ophthalmology. Mar;58(2):139-45. 2014.

17. Obata R, Takahashi H, Ueta T, Yuda K, Kure K, Yanagi Y
Tomographic and angiographic characteristics of eyes with macular focal choroidal excavation.
Retina. Jun;33(6):1201-10. 2013.

18. Yuda K, Takahashi H, Inoue T, Ueta T, Iriyama A, Kadonosono K, Tamaki Y, Aburatani H, Nagai R, Yanagi Y.
Adrenomedullin inhibits choroidal neovascularization via CCL2 in the retinal pigment epithelium.
American Journal of Pathology. Oct;181(4):1464-72. 2012.

19. Ueta T, Inoue T, Yuda K, Furukawa T, Yanagi Y, Tamaki Y.
Intense physiological light upregulates vascular endothelial growth factor and enhances choroidal neovascularization via peroxisome proliferator-activated receptor γ coactivator-1α in mice.
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology. Jun;32(6):1366-71. 2012.

20. Fujimura S, Takahashi H, Yuda K, Ueta T, Iriyama A, Inoue T, Kaburaki T, Tamaki Y, Matsushima K, Yanagi Y.
Angiostatic effect of CXCR3 expressed on choroidal neovascularization.
Investigative Ophthalmology & Visual Science. Apr 18;53(4):1999-2006. 2012.

21. Yuda K, Inoue Y, Tomidokoro A, Tamaki Y, Yanagi Y.
Nerve fiber layer thickness in exudative age-related macular degeneration in Japanese patients.
Graefe’s Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology. Mar;248(3):353-9. 2010.

②原著・総説
針付きマイクロチューブを用いた眼内レンズ強膜固定術
湯田健太郎
あたらしい眼科. 2018. 35(9). 1243-1244.

③学会発表
(国際発表)
1.Yuda K, Shimzu T, Hayashi T, Yuda K
Sutureless Intrascleral Intraocular Lens Fixation Using a Microtube-assisted Technique
ARVO 2018 Annual Meeting, Honolulu, 2018年4月29日
2. Yuda K, Hayashi T, Oyakawa I, Kato N
Use of Brillian Blue G for Graft Staining during Descemet’s Membrane Endothelial Keratoplasty
The 8th EuConrnea, Lisbon, 2017年10月6日,
3. Yuda K, Takahashi H, Inoue T, Ueta T, Iriyama A, Kadonosono K, Tamaki Y, Aburatani H, Nagai R, Yanagi Y
Adrenomedullin inhibits choroidal neovascularization via CCL2 in the retinal pigment epithelium.
ARVO 2011 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2011年5月3日

(国内発表)
-口頭,査読あり-
1.湯田健太郎、山田教弘、湯田兼次、水木信久
動脈と静脈別に見た網膜新生血管の発生動態解析
第123回日本眼科学会総会,東京,2019年4月18日
2.湯田健太郎、長島崇光、清水俊輝、湯田兼次、林孝彦
液空気置換に伴う眼内レンズの結露除去の工夫
第9回神奈川県眼科医会、神奈川、2017年6月18日
3.湯田健太郎、石田篤行、清水俊輝、林孝彦、湯田兼次
網膜血管分岐部における分岐角度と血流速度の相関解析
第121回日本眼科学会総会東京,2017年4月8日
4.湯田健太郎、石田篤行、林孝彦、清水俊輝、湯田兼次
健常眼におけるLaser Speckle FlowgraphyとRetinal Function Imagerの網膜血流の比較
第70回臨床眼科学会, 京都,2016年11月4日
5.湯田健太郎、湯田兼次、長島崇光、林孝彦
先天白内障術後、眼内レンズ縫着に苦慮した1例
第39回日本眼科手術学会学術総会、京都、2016年1月30日
6.湯田健太郎、藤村茂人、高橋秀徳,上田高志、井上達也、柳靖雄
酸素誘発網膜症モデルにおけるCXCR3の影響
第117回日本眼科学会総会, 東京, 2013年4月6日
2012年以前は省略 

④加入学会
日本眼科学会 専門医
日本神経眼科学会 会員
日本眼科手術学会 会員
The Association for Research in Vison and Ophthalmology 会員

医学博士
専門:黄斑疾患

湯田 竜司(美容外科担当:自費診療のみ)

湯田 竜司
2007年 浜松医科大学卒業
医療法人社団 きくな湯田眼科理事に就任
昭和大学形成外科・美容外科関連施設で形成外科・美容外科のトレーニングを受ける。
その後、昭和大学藤が丘病院形成外科・美容外科 角谷徳芳教授
いちだクリニック 市田正成先生
リッツ美容外科 広比利次先生に師事
第2湯田眼科院長に就任
2017年MEVOS美容整形国際学会で一流美容外科医のトロフィーを受賞。

日本形成外科認定専門医
専門:美容皮膚科、眼形成手術、眼美容外科、鼻美容外科、脂肪吸引、豊胸手術、包茎手術、陰唇手術、乳頭縮小手術、入れ墨除去、フェイスリフト手術。

スタッフ略歴

石田 篤行

石田 篤行
2010年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学専攻 卒業
2010年 視能訓練士国家資格取得
2010年 きくな湯田眼科

論文
・流行性角結膜炎後、角膜混濁を生じた症例の生体共焦点顕微鏡による観察
石田 篤行 , 益子 直子 , 箕輪 美紗斗 , 湯田 兼次 : 日本視能訓練士協会誌. 41 : 201-206
・Retinal Function Imager(RFI)を用いた健常者における網膜血流の検討
石田 篤行 , 益子 直子 , 箕輪 美紗斗 , 湯田 兼次 , 湯田 健太郎 : 日本視能訓練士協会誌. 43 : 297-303

きくな湯田眼科 スタッフ

◇ドクター略歴

ドクター略歴

takano_g

高野 雅彦(硝子体手術等担当)

新潟大学医学部卒業
医学博士
国際医療福祉大学眼科教授
専門:網膜硝子体

takano

高野 昌代(月曜日、水曜日、金曜日午前担当)

横浜市立大学医学部卒業
医学博士
横浜市立大学医学部非常勤講師
専門:目の炎症疾患

goto

後藤 英樹(土曜日午後担当)

慶応大学医学部卒業
医学博士
鶴見大学歯学部眼科教授
専門:角膜、涙道

yuda

湯田 健太郎(白内障手術、硝子体手術等担当)

東京大学大学院卒業
医学博士
専門:黄斑疾患

alt=

湯田 竜司(眼瞼下垂部門 部門長)

2007年 浜松医科大学卒業
医療法人社団 きくな湯田眼科理事に就任
2009年 昭和大学形成外科・美容外科関連施設で形成外科・美容外科のトレーニングを受ける
2012年 昭和大学藤が丘病院形成外科・美容外科 角谷徳芳教授に師事
2014年 いちだクリニック 市田正成先生に師事
2015年 リッツ美容外科 広比利次先生に師事
第2湯田眼科院長 眼瞼下垂部門 部門長に就任
2017年 MEVOS美容整形国際学会で一流美容外科医のトロフィーを受賞。
日本形成外科認定専門医
専門:眼形成手術、斜視手術、眼美容外科、鼻美容外科
美容外科全般

◇スタッフ略歴

スタッフ略歴

maruyama

石田 篤行

2010年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学専攻 卒業
2010年 視能訓練士国家資格取得
2010年 きくな湯田眼科

論文
・流行性角結膜炎後、角膜混濁を生じた症例の生体共焦点顕微鏡による観察
石田 篤行 , 益子 直子 , 箕輪 美紗斗 , 湯田 兼次 : 日本視能訓練士協会誌. 41 : 201-206
・Retinal Function Imager(RFI)を用いた健常者における網膜血流の検討
石田 篤行 , 益子 直子 , 箕輪 美紗斗 , 湯田 兼次 , 湯田 健太郎 : 日本視能訓練士協会誌. 43 : 297-303

 

文字サイズが
変更できます

画面を
白黒反転する

白黒反転